「簡単」「納得」お子さんのいないご夫婦の相続対策について


日本に於ける少子化とは、何時の頃から言われ始めたのでしょう?
何と50年以上前の1967427日の読売新聞に、「ふえる老人、減る子供、人口問題をどうする(原文)」という記事で少子化のことが取り上げられています。お子さんを望んでも子宝に恵まれなかった方もいらっしゃると思います。そこで、本コラムでは、お子さんのいない夫婦がされておくべき相続対策の話をしますので、お知り合いの方にも是非、SNS等を使用して、本コラムをお知らせいただければと存じます。

対策は簡単です!

“どうしてこんなことに!”、とならないようにするためには、「妻(夫)に全財産を相続させる」という主旨の遺言書を残しておけば相続に関しては解決するのです。故人の兄弟姉妹には遺留分*もありませんので、スムーズに全財産を妻(夫)に相続させることができるのです。
ところが、以下のことを知らずに遺言書を作成していない方が案外といらっしゃるのです。
遺留分*:相続人に法律上保障された一定割合の相続財産

お子さんがいない夫婦の法定相続人と相続割合

《遺言書がない場合》

お子さんのいない夫婦のどちらかが亡くなった時(夫でも妻でも同じ)の法定相続人と相続割合は、次の3つのパターンになります(以下、夫が亡くなった例とします)。

①夫の両親が生存している場合
法定相続人は、配偶者(妻)と両親となり、相続割合は配偶者2/3、両親1/3となります。

②夫の両親が亡くなっていて、夫の兄弟姉妹が存在している場合
法定相続人は、配偶者と夫の兄弟姉妹となり、相続割合は配偶者3/4、夫の兄弟姉妹(合計)1/4となります。

③夫の両親も夫の兄弟姉妹も亡くなっているが、兄弟姉妹の子供(夫の甥や姪)が存在している場合
法定相続人は、配偶者と甥や姪となり、相続割合は配偶者3/4、甥や姪(合計)1/4となります。

“どうしてこんなことに!”は、②や③のパターン時に起こる可能性が高いのです。

夫の甥や姪の全員に会ったこともない!

上記パターン③のケースですが夫の兄弟姉妹が亡くなっていても、その子供(夫の甥や姪)がいると親の代襲相続の権利を持つことになり、甥や姪は法定相続人になるのです。
例えば、夫が5人兄弟の5男で、兄4人(全員が既に死亡)の子供(夫の甥や姪)の合計が10人いたとすると、妻の他にこの10人全員も法定相続人となるのです。遺産分割は相続人全員の合意がないと行うことはできませんので、仮に一度も会ったことがない夫の甥や姪がいたとしても、探し出して遺産分割協議書に実印を押してもらわなければならないのです。
10人全員ではないとしても、何人かの甥や姪を探し出し、実印を押してもらうという事は、かなりの負担になるでしょうし、残された奥さまが高齢の場合は更に負担が増します。
また、遺産分割に関して10人全員が素直に納得してくれれば良いのですが、1人でも反対する者がいたら遺産分割はできないのです。場合によっては、いわゆる「ハンコ代」としてある程度の金額を渡すことにもなるのです。
仮に、夫の相続財産が4,000万円だった場合、甥や姪の法定相続分は1/4なので1000万円になり、目安として1人当たり100万円を相続することになるのです。夫の残した財産の多くが居住用の不動産などの場合は、売却して現金化しなければならないこともあり得るのです。
そうならないために、夫が妻を受取人にした生命保険に加入しておくのも解決策の一つになるのです。

法定相続人が多いと有利になることも

上記の例は、法定相続人が多いことが“苦労”することの原因でしたが、相続税を計算する上では資産家にとっては有利になることもあるのです。

(例)夫の相続財産が1億円だった場合
相続税の基礎控除は、3000万円+(600万円×法定相続人数)ですので、上記例ですと法定相続人は妻と甥姪10人で計11 となり、3000万円+(600万円×11人)=9,600万円が基礎控除額になるのです。
つまり、1億円の相続評価額は、1億円-9,600万円=400万円 になるということです。

また、生命保険金は法定相続人1人当たり500万円 が非課税枠になりますので、500万円×11人で、5500万円までの保険金には税金が発生しないのです。
生命保険の有効効活用は資産額によって変わりますので、コンサルティングが必要な場合には、無料相談にお申し込みください。

まとめ

最初に申し上げたように、お子さんがいない夫婦の場合は、きちんとした遺言書をお互いに作成しておけば、相続に関しては解決することができるのですが、遺言書自体に馴染みがないのと遺言書がなかった時の残され方の“苦労”の情報があまりないので、遺言書を作成されない方が案外といらっしゃるのです。
また、生命保険は有効に活用することで、相続をスムーズに行う最適な手段の一つになるのです。何故ならば、契約が成立すれば、いつ万一のことが起こった時でも、すぐに“現金”を手にすることができるからです。
これを機会に、遺言書のことをお考えいただきたいのですが、法的に有効な遺言書でなければ効果がありません。
私共は、士業の資格はございませんが、信頼の於ける士業の方をご紹介することもできますし、生命保険の有効活用に関してはプロです。
今回コラムに掲載させていただいたケース以外にも様々なケースの対処法や解決法をもっていますので是非、ご相談いただいて本当の安心を手に入れて欲しいのです。

ご案内

住友生命ウェルズ開発部では皆さまのお役に立てるような様々な無料セミナー個別相談を随時実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。万一の時に役立つ情報が満載され、エンディングノートにもお使いになれる、当社発行の《思いやりノート》をプレゼント致します。
もちろん感染症対策として、オンラインでの無料保険相談も承っております。既に加入されている方は、保障内容等を確認しましょう。他社でご加入のものでも構いません。確認の結果、現在加入されている保険で安心であれば、継続されることをお薦めします。
私達の使命は、一人でも多くの方に、「これなら、我が家は何があっても*安心だ」、と思っていただけるように、オーダーメイドでコンサルティングさせていただくことなのです。
何があっても*・・・万一の場合も、長生きした場合も(Early death and Live long)

無料生活設計シミュレーション作成や個別相談のお申込みはこちら!

執筆者:大貫 敏

―プロフィール―――――――――――――――――――――――――――――――――

大学卒業後大手百貨店勤務:外商部一筋9年間営業職
外資系生命保険会社へ転職:営業職3年間、管理職11年間
営業時代はMDRT*1のCOT*2メンバー
*1MDRT・・世界中の生命保険営業職で一定の基準の成績を達成したものだけの組織
*2COT(Court of the Table)・・MDRTの入会基準の3倍の成績を達成した者

住友生命保険相互会社ウェルズ開発部転職:ブランチマネージャー(支社長職相当)5年
                 :営業支援職7年目

ファイナンシャルプランニング技能士2級(国家資格)
相続診断士(相続診断士協会認定資格)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メールマガジンのご案内

セミナーのご案内や、お役立ち情報をメールで配信しております。
ご登録はこちらから。

メールマガジン登録

LINE友だち登録のご案内

セミナーのご案内や、お役立ち情報をLINEでも配信しております。
友だち登録はこちらから。

カテゴリー: 相続・贈与